2017年06月30日

【運行管理者(貨物)】勉強開始

一昨日から勉強開始しました。

勉強開始にあたって疑問(不満)が数点。

 Q. 運行管理者が実施すべき点呼回数は「3分の1以上」。
     では,補助者が実施できる点呼回数は?
 A. 平成28年第2回試験の公式解答では「3分の2未満」らしい。
     「3分の1以上」の残り分なら「3分の2以下」が正しいと思うのですが。

 Q. 10分未満の休憩時間の扱いは?
 A. 改善基準上の休憩時間とはみなされないし,運転時間ともみなさない。
      (平成28年第2回試験公式解答より判断)
     しかし,公論出版テキスト(平成29年3月受験版「旅客」)には,
     「10分未満の休憩は運転時間の扱いとする」と繰り返し記載されていたのですが,
     当該公式解答を受けてか,平成29年8月受験版「貨物」のテキストでは,
     そのあたりしっかり(こっそり)変更されております。
     公論出版公式サイトにて未だに直近試験の「解説と解答」がアップされないのは,
     その辺の事情が絡んでいるのでは?とは勘繰りすぎでしょうか。

前置きが長くなりましたが,7月中には1回転目を終えたいところです。

運行管理者試験 問題と解説 貨物編 平成29年8月受験版
運行管理者試験 問題と解説 貨物編 平成29年8月受験版
公論出版


スポンサーリンク
posted by リバーシ at 00:37 | 資格>運行管理者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする