2012年05月12日

【自動二輪小型AT】免許ゲット(最終回)

教習所卒業から数日後の平日午後,
最寄りの運転免許センターに行ってきました。

適性試験(視力検査)後,
午前の試験(学科,実技)合格者と合同での取得時講習。
写真撮影,免許証交付。
都合2時間強かかりました。

更新前ゴールド免許証は,新免許証となってもゴールドのままで,
有効期限が延長されており,お得?な感じでした。

運転免許センターでの必要経費は,
 ・ 試験手数料
          指定教習所卒業生については,学科,実技試験は免除であるため,
          実質,適正試験つまりは視力検査の手数料と言えるでしょうか。
          納得はしがたいけど。

          当該手数料については,教習所入校時に支払い済みであり,
          卒検合格後に作成,受領した免許申請書類に,
          既に証紙で貼り付けられていました。
          教習所卒業後に必要となる費用を,
          入校時に徴収することについては,正直,違和感を覚えます。
          無事卒業できるかも分からないのに。
          卒業できなかった場合は返却してくれるのでしょうか?

          これら違和感については,免許申請のこの時点で気付いたことであり,
          今更ではありますが,ご参考までに。

 ・ 免許証交付手数料
          文字どおりの手数料。

ちなみに,上記2つの手数料金額については,地域により,
また,支払いタイミングについては,教習所あるいは地域により異なるようですので,
これまたご参考までに。

あと,「交通安全協会費」は任意であり必要に応じて。
(免許取得編 了)
posted by リバーシ at 14:52 | 資格>自動二輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

【自動二輪小型AT】教習所6日目(卒業検定)

【教習所6日目】

 卒業検定
      一人きり。(四輪は修了検定者が数名?)
      9時集合,説明。10時から試験。
      卒業検定コースは2コースあり,当日の発表。
      どちらでもそんなに変わらない。

      慣らし運転1周後に本番。

      ここまでくれば,直前までのマイナス思考,葛藤はよそに,
      「とりあえずは今を精一杯やるしかない!」
      と割り切ったもんです。

      自分的難関は,「クランク」と「一本橋」。
      クランク内パイロン接触,一本橋落下はどちらも一発検定中止項目。

      教習中にパイロンに接触したことはありませんが,
      常に足つきの危険性をはらんでいました。
      初っぱなの教習がトラウマに。
      ちなみに,「チョン」と足をつく程度は減点のみ。
      ただし,足をつかなければ転倒に至っていたと判断される程の
      足つきは検定中止項目とのこと。

      ウマいことにそれぞれが「最初」と「最後」に待ち構えています。
      メリハリがあって良ろし。

      で,本番はあっという間に終了。

      途中止められることもなくゴールまで辿り着けたし,
      まぁ,自分的には無難に走りきることができたかなと合格を確信したが,
      直後の検定員総評では減点箇所がいくつかあったが,
      大きな問題はなかった。発表をお待ちくださいとのこと。
      (合格の明言はしてくれなかった)

      しばらくしての「合格」発表。

      記念撮影後,アンケート記入,免許申請書類の作成,確認しての退所。
      ちなみに記念撮影のネット掲載についてはお断りしておきました。


 総評
      実働は6日間ですが,2日目と3日目の間に1日オフ日を挟んでいますので,
      実質期間としては1週間(7日間)での卒業となりました。

      普通自動車運転免許所持の場合,卒業までは最短5日程度とのこと。
      入校前に事前リサーチ(卒検の実施曜日等)をしていればベターでしたが,
      まぁ,ストレートで卒業できたので良しとしましょう。

      土日(仕事休み),夕方(仕事終わり)限定の教習,卒業が理想ですが,
      平日,日中の教習も選択肢とすることで,より卒業への近道となるでしょう。

      最後に,「過去に50cc乗ってた」みたいな中途半端な自信が,
      最後まで足を引っ張っりました。
      「こんな筈では」,「おかしいな」がつきまとう。
      現役で50cc乗っている人には無関係でしょうが。

      四輪免許取得時には,
      「二度と教習所通いはご免だ!」とも思っていたのですが,
      今回は,それなりに刺激もあり有意義なものとなりました。
      でも,ステップアップはもういいかな。。

      後は,運転免許センターでの免許申請。
      これも普通は平日限定でしょうね。(次回最終回
posted by リバーシ at 19:35 | 資格>自動二輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

【自動二輪小型AT】教習所5日目

【教習所5日目】

 第2段階  実技F(シミュレータ)
      一人きり。
      危険予測。

      マンホールでよく転ぶ。

 第2段階  学科@(実技Fとのセット教習)
      一人きり。
      危険予測のビデオ教習。

      シミュレータ,学科の一人きりは辛い。
      と言うか,負担が大きい?マンツーマン。
      ある意味幸せ?

 第2段階  実技G(実車/みきわめ)
      教習開始にあたり,遅まきながら卒業検定における
      乗車時,降車時等のルーチン(決まり事)について問う。

      ウインカーの停止タイミングが早い,
      一時停止ラインにタイヤがかからないよう等最終調整。

      一本橋がまだまだ不安定。
      落下するときは決まって右側で,初期の段階。
      しかもヒザが開く。
      ハンドルではなく体全体でバランスを取ろうとするからだろう。

      一本橋攻略のポイントは以下の3点と考える。
       ・ ある程度勢いよく進入
       ・ アクセルはある程度開けたまま,左(後輪)ブレーキで速度調整
       ・ ハンドル操作でバランスを取る
       分かっているつもりですが,思考に行動が伴わない。
       とくに,3番目のハンドル操作がおろそかとなっていたことに,
       この期に及んでようやく気付いてきました。
       もちろん教官は,口が酸っぱくなるくらい指摘してくれていたのですが。。

       一本橋も何とか安定してきてのみきわめ合格。


残すは卒業検定。
直近である翌日(平日)の枠を押さえました。
実車はブランク無く乗る方がぜったい吉。
一本橋の好感触を忘れないうちに。

が,その後卒業検定直前までのプレッシャー,マイナス思考はハンパなかった。

不合格となった場合の事ばかりを考えてしまう。

追加料金の件ももちろんありますが,
一応?社会人,仕事等やりくりしつつ教習所に通っているわけで,
学生の頃の,しかも夏休みに卒業,取得した四輪の時とは訳が違う!

不合格なら次の直近の卒業検定,とはすんなり即決できないのです。(続く
posted by リバーシ at 23:27 | 資格>自動二輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月04日

【自動二輪小型AT】教習所3日目・4日目

【教習所3日目】

 第2段階  実技D(実車)
      雨模様。
       ・ 教官の後を頑張ってついていく(限界を知る練習)
       ・ 緊急回避(旗振り)
       ・ 模擬衝突体験(前車のブレーキにあわせてブレーキ)
       ・ 高速カーブ突入

       結果,模擬衝突体験ですっ転びました。
      クルッと回転受け身で教官に感心されました。

      本教習の実施にあたり,今回通った教習所では,
      場内コースを二輪専用としたうえでの実施となるため,
      実施時間帯があらかじめ指定されていました。(週末の2コマ)
      ですので,事前の実技4時間分を
      当該時間帯までに修了させておく必要があり,
      ちょっとしたプレッシャーとなりました。
      さもなくば,次回開催は一週間後となりますので。
      事前リサーチは重要です。


本当なら続けて次の実技(シミュレータ)も受けたかったのですが,
どうもMTの先約があったようです。
数名(3名?)程度までは同時受講可能と思っていましたが,
ATとMTで座席シートを変更する必要があるため,
手間を避けるために教習所側でブッキングを避けたのでしょうか?
あくまで推測ですけど。

ちなみに,教習スケジュール,予約は担当者にお任せしてました。
(卒業希望時期,教習受講不可日時を事前に申告)

で,さらにその先,次回実車は第2段階みきわめ。
かけ足すぎ。


【教習所4日目】

 第2段階  実技E(シミュレータ)
      一人きり。


今回も実技は1時間のみ。
次回は,実技と学科のセット教習となるため,
そのあたりとの兼ね合いでしょうか?(続く
posted by リバーシ at 22:47 | 資格>自動二輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

【自動二輪小型AT】教習所1日目・2日目

【教習所1日目】

当日連絡の飛び込み入校(夕方)。

 入校手続き,説明,視力検査,適性検査
      一人きり。
      入校説明諸々。

 第1段階  実技@(実車)
      ヘルメット,ブーツ,雨具は貸し出しあり。
      手袋は入校プレゼント。

      キャンセル待ちにて何とか乗車できた。
      教習車両は噂?のスズキ・アドレス。

      原付(50cc)以来10数年ぶりの運転。
      当時は特に苦手意識もなく,昔取った杵柄,何とかなるだろう。
      そんなふうに考えていた時期が私にもありました。

      はっきり言って舐めてました。
      まったくのダメダメ。
      ひととおりの課題をとりあえずこなしましたが,一本橋以前の問題。
      クランク,8の字で足つきまくり。
      低速運転(アクセル,ブレーキワーク)の未熟さを痛感。
      情けない。恥ずかしい。当時の率直な気持ちです。

      でも何とかハンコはもらえました。

 第1段階  実技A(シミュレータ)
      一人きり。
      転倒しまくり。


【教習所2日目】

 第1段階  実技B(実車/みきわめ)
      雨模様。
      いきなりの大一番。
      前回の散々な結果を受けての2回目の乗車がみきわめなんて絶対無理!

      が,心配をよそに,それなりに走れました。
      ネット情報収集,イメージトレーニングの賜物か?
      でも,一本橋はまだまだ不安定。クランクも最後に足つき。

 第2段階  実技C(シミュレータ)
      一人きり。
      特に問題なし。
      でも最後に転倒(マンホール)。


次回実技教習は1日挟んでの実施となりました。(続く
posted by リバーシ at 21:36 | 資格>自動二輪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする